BYE-10ダイエットに挑戦

様々なダイエットを繰り返し、どんどん痩せない体に!
気付けば体重は20キロも増え、体脂肪は40%超えっ・・・
まずは筋肉をつけて、体脂肪を少しずつでも減らしたいとBYE-10ダイエットを始めることにしました。

禁煙と更年期とチュニック(>_<)

このタイトルは何なんでしょう。ズバリ!私がここまで太ってしまった原因の半分くらいを占めます。


まず禁煙について。私は24歳からタバコを吸い始め、20年以上も喫煙者でした。その間、自分からやめたいと思ったことはほとんどなかったのですが、両親や彼氏はタバコが大嫌いで高額な禁煙セミナーや禁煙外来に行かされたりもしました。そうすると長くて9ヶ月くらいはやめられるのですが、私はお酒を飲むとタバコを吸うがセットなので飲みに行くといつの間にかまた吸い始めてしまいます。そんな私が1年前から禁煙しました。今度は自分の意志からです。新しく始める仕事に、どうしてもタバコはふさわしくなかったのです。禁煙を始めると私の場合まず頭痛と吐き気が襲ってきて、最初の1週間くらいはまともな食事ができなくなります。禁断症状なんですかね。ニコチンは猛毒であるので吸っている間は体は毒を体外に排出しようと必死になるけれど、禁煙すると今度は体内に蓄積された毒を絞り出そうとするから人によって様々な症状が出るとセミナーで聞いたことがあります。そんな状態なのに、またしても最初の3日で体重が2キロも増えるという恐ろしいことが起きました・・・。ここからトータル6キロくらい増え続けるのがいつものパターンです。その仕組みは、定期的に入ってくるニコチンなどを解毒するのに結構なカロリーが使われているからと聞いたことがあります。それとタバコは交感神経を活発にするため、禁煙することで代謝が下がるらしいのです。禁煙すると猛烈に眠くなるのもそれが原因のようです。ですが健康な生活に戻るわけですから、本来なら徐々に代謝が上がり体重も7~8年かけて元に戻ると言われています。一般的にはタバコをやめると正しい味覚が戻り食べ物を美味しく感じるから食べすぎてしまうとか、口がさみしくて飴やガムを頻繁に食べてしまうからと言われますが、最近の研究ではそうでもないことが分かってきたようです。なぜこんなペースで体重が増えるのかネットで調べていた時に、衝撃的な記事を見つけました。チューリッヒ大学の研究者がボランティアの人でデータを取ったところ、禁煙前と変わらない食事内容であるのに太る人がほとんどで、その腸内細菌を調べると禁煙によって腸内の細菌株の組成が変化し肥満症患者によく見られる2つの細菌が増えるからではないかということです。この2つの細菌は消化力が大変強力で、通常は分解されづらい食物繊維まで分解し体内に吸収してしまうことから体外に排出される量が減り、脂肪として定着してしまうそうです。禁煙後にカロリー摂取量を減らした人でも、十分太る傾向があることが分かったそうです。私も禁煙するたびに太ることが分かっているので食べ物をグッと減らしたりしたのですが、全く役に立ちませんでした。でもタバコをやめたことにより、どこへ行っても喫煙所の場所を気にしなくてよくなりましたし、何を食べていてもさっさと食べ終えてタバコを吸いに行きたい気持ちとお別れできたので良かったと思います。私はお酒はかなり強い方ですが、タバコが吸えないなら飲みたくないとお酒も3ヶ月に1回も飲みに行かなくなりました。もともと自宅では飲まず、飲みに行くのも月に1回か2回程度でしたが。タバコを吸わないと酔わないため、面白くないんですよね~。それに喫煙女子のほとんどはあのカードを作るのが恥ずかしいのでコンビニでタバコを買うんですが、必ず臭い消しのガムや、コーヒーなどを一緒に買ってしまうためトータルすると1ヶ月でかなりの出費です。確かにタバコをやめると時間もお金も節約になりますし、何よりこれからは吸える場所も減る一方ですからやめて良かったと思っています。でも新しく行ってみた美容院で、美容師の方から「何でやめました?二コレット?やめて良かったことを教えて下さい」と訊かれた時にはついつい本音が(*_*; 「必要に迫られれば代替え品がなくても止められますよ。でも、飲みに行ってほろ酔いになる楽しさや、何かをやり遂げた時の至福の一服はもう無くなりますよね。」と答えてました。そんなこと聞いたら、やる気起きませんよね(苦笑)。


長くなってしまいましたが、次は更年期!コレは単純ですが、女性ホルモンのエストロゲンが減っていくからです。エストロゲンは排卵や月経をコントロールし、脂肪の代謝にも関与するホルモンです。エストロゲンが減ると脂肪の代謝がされにくくなるため太ってしまうのです。筋肉も減少しやすくなり、内臓脂肪がつきやすくなることにより更年期を境に腹部の脂肪が目立ってくるそうです。


最後にチュニックですが、初めて見た時はだらしない格好だな~と呆れたのですが、いつの間にかお腹隠しに欠かせないファッションアイテムとなってしまいました(汗)
同世代の友達は大抵みんなダイエットをしているのですが、太った原因の話になると必ず出てくるのが「タバコをやめたことと、チュニックを着始めたこと。」です。胸の下から広がっているデザインが多いため、食べ過ぎてもお腹が苦しくなりませんし、太ってもキツくならないため自覚が薄くなります。最近はカットソーやニット素材の服が多く、ファスナーのあるきちんとしたスカートなどはかなくなりました。その点ではブーツもそうです!コンサバな服装で都内に通勤していた頃は秋になると毎年、銀座かねまつで足に本当にピッタリとしたロングブーツを買うのが習慣になっていました。夕方少しでも足がむくんでしまうとファスナーが上がらず、途中までファスナーを上げてよくリフレクソロジーのサロンでマッサージしてもらってブーツのファスナーを上げて帰ったものです。あまりにダルダルな日常で、危機感が薄れていました(>_<) もし今度痩せることが出来たら、もうショッピングセンターではなくデパートできちんとした洋服を買いたいです☆


またいつか、そんな日が来ることを夢見て、今日も朝から1時間のウォーキングに行ってきました(^-^) 絶対に希望は捨てない・・・。